読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエ『くるみ割り人形』ボリショイバレエ団

f:id:alpha_c:20150308092119j:image

これまでは『くるみ割り人形』といえば、ロイヤルのピーター・ライト版でしたが、ワイノーネン版を下敷きとしたグリゴローヴィチ版を見るのは初めてと思います。

マーシャが、最初から最後まで踊り、子どものクララと金平糖の精に分けて演じるグリゴローヴィチ版とは異なります。

意外だったのは、ディベルティスマンが充実していたことですね。アラビアの踊りや中国の踊りが魅せました。

背景がシャガールの絵のようでした。

とても良い公演だったと思います。ただし、やはりピーター・ライト版の方が好きですね。