読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂言『野村萬斎狂言の夕べ』船橋市民文化ホール

「六百年の伝統を持つ、洗練された和楽の世界」と題されたこの公演では、狂言そのものの「見方」について野村萬斎さんから解説があり、その後「佐渡狐」「六地蔵」という狂言らしいおかしみのある作品が演じられました。

f:id:alpha_c:20140427121326j:image

狂言は自分にとっては初めてかもしれません。まあまあおかしみのあるパフォーマンスではありましたが、自分で自分の行動を説明することで観客に分かるように演じるのですけれども、これが少し持って回った感じはしました。考えてみればこの辺は歌舞伎だと「イヤホンガイド」で伝えられていることなのですね。

おかしみのあるものを上品にまとめているのですが、こうしたものは上品にやる必要があるのかしら、という若干「?」マークの感想でした。いっぽうでお客さんの入りはほぼ満席に近く、狂言は今や人気演目の一つになったようです。これは萬斎さんの力によるものなのでしょう。