読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『イングロリアス・バスターズ』監督:クエンティン・タランティーノ、2009年

ナチス支配下のフランスにおいてもゲシュタポによりユダヤ人狩りが行われていた。その追及対象となり、家族を殺され、命からがら脱出した少女だったが、成長して映画館の経営をしながらナチスへの反抗心を燃やしていた。いっぽう、ユダヤ人を中心に特別に組織された小集団がフランス各地でナチスに恐怖心を植え付けるような反撃を開始する。

f:id:alpha_c:20140329101520j:image

■感想(個人的評価:★★---)

物語の筋書きについてはさておき、俳優陣は熱演で、とくにナチス将校のねちねちと執拗に相手を追い詰める演技が一番印象に残りました。