読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間はどんなときに喜びを感じるか

・何かを達成したとき

(たかが掃除でも達成するとスッキリする)

・物事を理解できたとき

・物事が自分の配下にあると感じられたとき

(スッキリ整頓された仕事、部屋など)

・人から感謝・評価されたとき

※これは岡田斗司夫さんの4類型と合致しているのでは。

4類型論は面白いのだが、今までの類型論と同じように決定論的な書きぶりとなっているところがどうもいけない。

もっと薄味の味付けのような書きぶりもあったのではないか。