読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『恋人たち』監督:ルイ・マル、1958年

パリから約300キロ離れたディジョンに住み、地方の新聞社主の妻として何不自由なく暮らしているジャンヌ(J.モロー)は、夫や子どもに愛されながらもパリの華やかな暮らしにあこがれ、友人を通じてポロを趣味とするラウールと知り合い、ラウールからの積極的なアプローチもあり恋仲となる。

彼女は、夫からの奨めもあってラウールと友人をディジョンの自宅へ招くこととなるが、パリからの一人で帰る途中に車が故障し、考古学者のベルナールに同乗してディジョンまで戻ることとなる。

ベルナールも伴ってその夜自宅で晩餐が行われるのだが、ジャンヌはその夜寝付くことができなかった。

恋人たち [DVD] (HDリマスター版)

恋人たち [DVD] (HDリマスター版)

■感想(個人的評価:★★★--)

ストーリーとしてはありきたりかもしれませんが、展開は意外で、また明けきらぬ夜の美しさは見事です。この美しさはモノクロ映画でなければ表現できないのではないでしょうか。この美しい夜は二度とないかもしれない、後悔はないが不安に満ちている心の動きの描写についても面白く、これをJ.モローが巧みに表現していたと思います。