読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『瞳の奥の秘密』監督:フアン・ホセ・カンパネラ、2009年

ブエノスアイレスの裁判所を定年退職したベンハミン・エスポシト(リカルド・ダリン)は、自らが手がけた25年前の猟奇的な殺人事件を題材に小説を書こうとしている。上司であった検事のイレーネ(ソレダ・ビジャミル)をはじめ当時の関係者に出会うなかで、彼ははからずも真相に直面することになる。

f:id:alpha_c:20141209205407j:image

■感想(個人的評価:★★★★-)

落ち着いた雰囲気でゆったりと流れます。アルゼンチンらしさとでもいうものがふんだんにあふれています。俳優の表現力も大変印象的でした。