読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『ザ・ファイター』監督:デヴィッド・O・ラッセル、2010年

ディッキー(クリスチャン・ベール)とミッキー(マーク・ウォールバーグ)は、ローウェルの街で暮らすボクシング兄弟だ。兄のディッキーはかつてシュガー・レイ・レナードと世界タイトルマッチで対戦した過去を持ち、一度ダウンを奪ったことが自慢だが、口の悪い人々からはスリップダウンだと言われている。一方弟のミッキーは現役のボクサーで、母がマネージャ、スパーリングなどもろもろはディッキーが務めている。ミッキーはかつて勝ちを重ねたが、最近では、無理な対戦を組まされるなど勝ちから遠ざかっており、薬物中毒の兄が起こす警察沙汰で大事なこぶしを傷めつけられるなどロクなことがない。

そんなミッキーが、場末のバーでやはり自堕落な人生を送っているシャーリーンと出会い、家族から離れて真剣にボクシングに向かい合うようになる。

f:id:alpha_c:20141203204225j:image

■感想(個人的評価:★★---)

実話に基づいた話です。ストーリーとしては分かりやすく、ある意味ありふれているのかもしれませんが、ミッキーの足を引っ張り続ける家族たちが見事に描写していました。勝ちあがるところはもうちょっと丁寧に作った方が迫るものがあると思いますが・・・。