読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』監督:ジャン=マルク・ヴァレ、2013年

1985年のダラス。電気工をしながらトレーラーハウスで生活するロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)、仕事の腕はたしかだが、無類のロデオ好きで酒、ドラッグ、女と奔放な生活を送っている。あるとき彼は機械に巻き込まれた仲間を救おうとしたところ電気がショートして病院に担ぎ込まれる。そこで彼は血液がHIVに感染しており、余命が30日しかないことを告げられる。彼は未承認の特効薬AZTを病院の清掃職員に金を渡して手に入れようとする。しかし、それも直に枯渇してしまい、国境をまたいでメキシコの治療施設を彼は必死の思いで訪れるのだった。彼はAZTではない、身体に影響の少ない治療薬を手に入れ、ダラスへ帰り、同じ病気で苦しむトランスジェンダーレイヨンジャレッド・レト)とともに、エイズ患者にそれを違法と知りながら売り始める。やがて、彼は薬事法を管轄する政府機関FDAから睨まれ、法廷の場で対決することとなる。

f:id:alpha_c:20141108110441j:image

■感想(個人的評価:★★★★★)

マシュー・マコノヒー、そしてジャレッド・レトの演技が見事でした。ここまで役作りができるというのは名優の証です。珍しく繰り返し見て見飽きませんでした。