読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『クラッシュ』監督:ポール・ハギス、2004年

この作品は、さまざまなストーリーが複合的につながっています。このため、あらすじを書き起こしにくい作品でもあります。しかし、それぞれはロサンゼルスにおいて発生した事件に関するストーリーであり、そこには人種の違いに基づく偏見や恐れなどが深く横たわっているという共通点があります。

f:id:alpha_c:20140906135109j:image

■感想(個人的評価:★★★★-)

この作品では、一人の人間にいくつもの顔がある、怒り、悲しみ、憎み、親しみなどさまざまな顔が場面に応じて変わるということをよく表現しています。そして、極端な感情の振れが、悲しむべき人種の違いに基づくものであるということを描いた作品でした。