読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『雨に唄えば』監督:ジーン・ケリー/スタンリー・ドーネン、1952年

第二次世界大戦後アメリカの代表的なミュージカル映画で、サイレント映画からトーキーへの移行期をテーマに、苦境に立つサイレント映画の俳優ドン(ジーン・ケリー)が自分の下積み時代に親しんだ「音楽」に目を向け、「ミュージカル」という形式を映画に取り入れることで再び栄光を取り戻していく過程を描いています。

f:id:alpha_c:20140726071604j:image

■感想(個人的評価:★★---)

難局をどう乗り越えるかといった思案の場面や、駆け出し女優のキャシー(デビー・レイノルズ)との恋の場面など、それぞれのストーリーにふんだんにミュージカルが取り入れられており、ともかく楽しさ満載でいつまで経っても見飽きさせない映画です。印象的に残る名場面がたくさんありますが、やはり大雨の降る中での表題曲歌唱の場面が一番だと思いました。