読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌舞伎『鳳凰祭三月大歌舞伎(昼の部)』歌舞伎座

今月の昼の部は、『壽曽我対面』『身替座禅』『封印切』そして『二人藤娘』と、見取りでバラエティに富んだ狂言でした。

もっとも期待したのは『対面』ですが、曽我狂言の代表的なシーンで緊張感に満ちた荒事でした。工藤祐経梅玉、曽我五郎は橋之助という配役でしたが、江戸の人も楽しんだ「歌舞伎らしさ」がありました。

f:id:alpha_c:20140210153034j:image

『身替座禅』は、奥方玉の井をなんと吉右衛門が務めたのですが、おかしみに満ちた狂言でした。

『封印切』は『恋飛脚大和往来』の一部分ですが、これは上方狂言らしいこと、近松らしい狂言曽根崎心中をほうふつとさせます。

『二人藤娘』は、全くの闇から急に明るい舞台が浮かび上がる見事な演出で、玉三郎七之助という当代を代表する女形の舞踊を楽しむことができました。