読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『アルゴ』監督:ベン・アフレック、2012年

 1979年11月に発生したイランアメリカ大使館襲撃事件を題材に映画化した作品です。イランの群衆により占拠された現場からアメリカ大使館員6名が脱出します。彼らは数十日にわたってカナダ大使公邸に潜伏しますが、そろそろ限界に近づいていました。もしイラン人たちに見つかったならば公開処刑が待ち受けています。

 そんな彼らを救出する使命を帯びて現地にはCIAで人質救出のプロであるトニー・メンデス(ベン・アフレック)が向かいます。彼は『アルゴ』というSF映画の制作班であるという虚構をイラン人たちに信じさせるという奇抜な作戦を実行します。

f:id:alpha_c:20140304192611j:image

■感想(個人的評価:★★★★-)

 ストーリーとしては「脱出もの」ということになりますが、場面の作りがとても丁寧で手が込んでいました。イランは飽くまでもイラン風に、ハリウッドはハリウッド風にと、撮り分けがきちんとなされていました。また、シュレッダーダストを組み合わせ、逃亡した大使館員を追い詰めていくところなど心理効果がとても上手で、ハラハラしました。中で一部、カナダ大使公邸で追及の一味がメイドと接触するところはなんとはなしにアメリカ風になってしまっているように感じられましたが、それ以外の部分はとても良かったと思いました。