読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『スーパーエイト』監督・脚本:J.J.エイブラムス、2011年

アメリカの地方都市で暮らしていた少年ジョー(ジョエル・コートニー)は、愛していた母親を、その勤めていた工場の事故で亡くしてしまう。傷心が癒えない状態だったが、ある夜、学校の仲間と自主製作の映画のロケを行うなかで貨物列車転覆の大事故に遭遇し、これをきっかけに町は軍による厳しい統制下におかれてしまう。実はこの貨物列車には地球外生命とその宇宙船を形作る素材が積み込まれていた。

一方、ジョーは、映画を製作するなかで知り合ったアリス(エル・ファニング)と心が通うようになっていった。しかし、父からももともと仲の悪かった家庭の子であるアリスとの交際を禁止されてしまう。そうした中アリスは、この町に潜んでいる地球外生命にさらわれてしまう。救出に向かったジョーは、この地球外生命もただ暴れて人を傷付けるだけではなく、とらわれて悲しんでいることを知り、何とか助けたいと思うようになる。

f:id:alpha_c:20121014202957j:image:left貨物列車の転覆のシーンは実に驚くべきもので、大事故を劇的に演出していた。ただ、最近地球外生命ものにはちょっと食傷気味といったところもある。クモの化け物のような地球外生命と心が通うシーンなどは、ちょっと安易かなあというところがあった。バラバラなパーツが一気に組み合わさって宇宙船を形作るところなどはアイデアとしても面白かったし、シーンとしての迫力もあった。