読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『パイプオルガンレクチャーコンサート』習志野文化ホール

f:id:alpha_c:20120826153312j:image:left地元の習志野文化ホールには、舞台上手にパイプオルガンが据え付けられている。これはドイツのベッケラート社が製造したオルガンで、日本では最初か二番目に設置されたものらしい。


パイプオルガンもたまには聴きたくなる。最近、映画『惑星ソラリス』で、バッハのパイプオルガン曲BWV639「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ」が効果的に使われているシーンを見たこともあり、一度ライブで聞いてみたいと思い訪れた。

■演奏曲

演奏は習志野市立第二中学校の教諭で溝口秀実さん。久しぶりにパイプオルガンを聞くことができた。やはりホール全体に響き渡る荘重な調べがパイプオルガンの魅力だと思う。

演奏者からは、フーガについて、主題が繰り返して展開されていく形式であること、そしてパイプオルガンの音が電気をそれほど使わずほぼ力学的にふいごを利用して出力されていることについて説明があった。