言葉と生き方

「人は言葉の生き物」言葉を創り、言葉に縛られる。

自分の背骨となる言葉を自分自身が紡ぎあげることが必要。この集大成がまさに自分ということではないか。

分野を設定し、自分なりに短文をつくればよい。(生涯をかけて編集する)